癌の転移にはとても注意が必要~ガンの悩みをガンガン解決~

先生

記事リスト

タバコを吸う人に多いガン

女性

咽頭がんは、鼻の奥から食道にかけてできるガンです。主な原因は、タバコやアルコールの過多といわれています。咽頭がんは初期症状がでにくく、気づいた時にはとても進行しています。なので、タバコやアルコールなどを控えて予防を心掛けることが大事です。

» 読んでみよう

発症部位と注意点

病院

胆のうがんの発症部位は、胆のう部分です。胆のうは非常に小さいために、ガンになるとすぐに他の周辺の臓器にガンが転移していきます。発症年齢の傾向としては、60歳から70歳が多いです。この年齢層の人は少しでも症状が見られたら、できるだけはやく病院に行くことです。

» 読んでみよう

どんな病気なのか

女性

卵巣がんには、最初から卵巣に発生する原発性のものと、他の部位から転移して発生する転移性のものとがあります。一般的には40〜70歳代に多くみられる病気です。卵巣腫瘍が認められた場合は、原則として手術で摘出します。

» 読んでみよう

気になる危険度の違い

臓器に移動すると治療が困難になります。癌の転移を防ぐことはできるので、コチラで病気についての基礎知識を身につけておきましょう。

小さな悩みでも親身になってきいてくれるのがこちらのクリニックです。小岩で糖尿病患者も対応してくれるので、多くの人が利用しています。

生存率にも大きな差が

先生

医療技術が進歩したことにより、昔は治療することが出来なかった病気の多くが現在では治療することが出来るようになっています。それでも依然として恐ろしい病気の一つとなっている癌にはそれなりの理由があります。それは再発と転移です。大抵の病気は一度治療してしまえばそれで完治することが出来ます。しかし、癌の場合はそれが再び発症したり別の場所で発症する転移が起こる可能性があるのです。癌の中でも再発しやすいものや転移しやすいものがあります。そういった癌は完治させることが難しく、生存率もそれだけ低くなってしまいます。血液が多く流れる臓器に出来る癌は転移しやすいとされており、再発しやすい例としては肝臓癌が挙げられます。

日常でも出来る取り組み

死亡率が高く恐ろしい病気である癌ですが、病院側では化学療法や放射線治療によって再発と転移を防止するのが一般的です。しかし、病院で受ける治療だけではなく私達の日常生活においても、癌の再発と転移を予防することが出来ると最近では考えられています。その一つとして生活習慣の改善が挙げられています。癌が再び発生する要因は様々だと考えられていますが、その中には運動不足や喫煙といった問題があることがわかってきているのです。また、バランスの悪い偏った食事やストレスも体に悪い影響を与えると考えられています。いくら病院できちんとした治療を受けても、普段の生活に問題があっては治療の効果を十分に得ることが出来ないとされ、これからは生活習慣の改善が重要だと考えられるようになってきています。